NPO法人の概要

ご挨拶

 当サポーターズクラブはこれからの五輪フリースタイルスキー種目で、「道産子選手からメダリストを輩出したい!」という思いから、発足いたしました。

 そのためには何が必要か。
 一つ目はフリースタイルスキーをより多くの人に知ってもらい、愛好者を増やすこと。そしてそこから選手として活動する人を発掘すること。
 二つ目は選手を五輪選手に育てるまでの強化費を作ること。
過去のスキー競技で女子で初めて金メダルを手にしたのは北海道札幌市出身の里谷多英 氏です。

 彼女の栄光から始まった日本のフリースタイルスキーの歴史。
しかし、2014年ソチ五輪では当該競技における道産子選手の出場者はゼロでした。
 何としても札幌五輪が開催された際には、道産子選手から五輪選手を、メダリストを輩出したい。
 そこで、今からこの様な活動を行うことが、将来的に世界で活躍する選手を育てることにつながるのではないかと感じました。

 まだ始まったばかりの活動ではありますが、どうぞ当NPOの趣旨にたくさんのご賛同をいただき、フリースタイルスキーに少しでも興味を持っていただけることを期待しております。
 どうぞよろしくお願い致します。

2015年11月吉日
NPO法人フリースタイルスキーHokkaidoサポーターズクラブ
代表理事 伊藤孔一

定款

協力企業

 

supportship partner

banner partner

北新病院

official partner・club partner
まだまだ募集中!!!

法人協力に興味のある企業はこちら

真のチャンピオンのために、JADA FOR THE REAL CHAMPION

JADA-300x100

スキーの日程調整ツール

スキーの日程調整ツール 調整さん